お店案内

お店案内

創業は大正10年の老舗

東京の下町、人形町に店舗を構えて、はや90年。

中央区は、江戸開府以来、文化・商業・情報の中心として栄え、今日に至りました。 現在も日本及び世界の中心として、ますます発展を遂げています。 つまり、文化と伝統に支えられた歴史ある街で、さらに重要度が増しています。

その中でも人形浄瑠璃などの見世物小屋で栄えたのが、人形町です。もともとは通りの名前でしたが、それが町へ発展していきました。

そんな中『サンドウィッチパーラー まつむら』は、大正10年に創業しました。

イートインコーナーを併設したことで、『サンドウィッチパーラー』となりましたが、ご近所さんからは昔ながらの『まつむらパン』と呼ばれています。

  • 昔ながらの代々受け継がれてきた商品
  • 新しい材料にアレンジを加えた商品
  • 職人さんの想像(創造)力あふれる商品

が店内に所狭しと並んでいます。

近くにお越しの際は、『安心』や『やすらぎ』を感じにいらしてください。

美味しくお召し上がりいただくには

当店でお買い上げいただいた商品は、できるだけ美味しく召し上がっていただきたい。

お勤め先やご家庭でできる簡単な工夫をご紹介します。

焼き立て・出来立て

午前中は、次々と焼き上がったパンが、工場から降りてきます。 もちろん焼きたてを食べるのが美味しいのですが、うちの場合は焼きこみ調理パンが多く、ちょっと時間をおくと、パンと具材が馴染んで、違った美味しさに出逢えたりもします。

一度お試しください。

img-bread21

その他工夫の仕方

なるべくでしたら、当日中にお召し上がり頂きたいのですが、もし翌日になってしまった場合は、家庭用のオーブンで1分半から2分くらい焼いていただけると、美味しさが戻ってきます。

冷蔵庫に入れると、硬くなってしまうので、部屋の涼しい場所においたほうがよいでしょう。

当店自慢のイートインスペース

『サンドウィッチパーラー』の名の通り、食べられる席が約30席あります。 お客さんの憩いの場になっているこのイートインスペースでは、売っているパンをそのまま食べたり、その他トースト等も食べられます。 オープンスペースになっていますので、ゆっくりお寛ぎください。
img-inshop
  • facebook
  • twitter